2015年5月7日木曜日

2015.05.07 Preppyの嵌合問題が解決

● Preppyはキャップ内にいくつかの突起があって,それが軸を掴むようにして本体とキャップが結合する仕様。
 ところが,何度も外したりはめたりしていると,樹脂のことゆえ,突起部がすり減る。で,嵌合が緩くなる。下に向けるとキャップが落ちるようになる。

● だましだまし使ってきたんだけど,何かいい工夫はないものか。嵌合以外に問題はないので。
 と思っていたら,「ひろし」さんがコメントで教えてくれた。
 ダイソーでゼリータイプの瞬間接着剤を買って,それを爪楊枝に受けて,突起部を補ってやればどうか,と。

● なるほどと思って,接着剤を買っておいた。
 で,5日に「ひろし」さんのアドバイスを実行してみた。突起部はいくつかあるんだけど,そのすべてに瞬間接着剤を乗せたのでは,たぶんキャップが入らなくなるだろうと思われた。
 ので,2カ所だけ,接着剤を爪楊枝に付けて,突起部に上乗せしてみた。

● 放置すること12時間。結果,大成功。嵌合が再び効くようになった。「ひろし」さん,ありがとうございます。

● ただし,天性の不器用が災いして,いくつかの失敗もした。
 ひとつは,接着剤を乗せすぎたこと。ほんとにちょっとでいいのだった。付けるか付けないかくらいの感じでいいようだ。
 きつくなりすぎたかもしれない。このまま使い続けると,たぶん,キャップにヒビが入るだろう。あらかじめテープを巻いて補強しておいたほうがいいかもしれない。

● もうひとつは,付けるべきじゃないところに付けてしまったこと。その結果どうなったかというと,Preppyが汚くなった。ティッシュのかけらがくっついたりして。
 瞬間接着剤だから,なかなか落ちてくれないですね。

● とはいえ,そんなことは些事ですな。
 ともかく,Preppyの唯一の不具合が解消した。これで目指すぞ,カートリッジ100本使用。
 嬉しくて仕方がない。「ひろし」さん,本当にありがとうございました。

2 件のコメント:

  1. こんにちは。 嵌合問題が解決して良かったですね。
     肝心なところは健在なのに、つまらないところが壊れて
    その物か使えなくなるということが多いですが、今回はラッキーでした。
     Preppyはペン先がイリジウムのポイントなので、
    価格200円というのは今までだったらありえない価格ですね。
    廉価万年筆は殆どが単なる鉄ペンですから。 価格を低く設定し過ぎたかな?
     Preppyは同じ物を買っても書き味のバラつきは多少感じますが、
    とてもよく出来ていると思っています。 私も最近はPreppyをまた使っています。
    思い付きでしたが、お役に立てて良かったです。  では、また。

    返信削除
    返信
    1. いえいえ,やってみたら,これがドンピシャリでした。
      ありがとうございました。
      Preppyの寿命が延びて,大満足です。

      削除